ネットショップ

民泊 at 大磯

ギャラリーデータ



 
kalokalohouse
11/15-26
平林はるう染織展



はるうさんの織物。
空気をふんわり織り込んだあたたかい羊毛のもの。
シルクの静かなツヤと滑るような手触りのもの。
裂いたジーンズや使い込まれた藍の着物でできたもの。
経糸と横糸が色や素材感や時間を綾なして、
はるうさんの一枚に織り上がっています。

「マフラーやショール、色々持っているけれど、はるうさんのが一番あったかいの」
はるうさんの作品を愛用しているひとが言いました。
白い壁にふんわり展示されたマフラー。
一枚一枚がみんな違う顔で、手触りも糸の太さもそれぞれだけれど、どれも抱き込んだ空気がふんわりやわらかいのです。
織物は、糸だけでできているのでなく、はるうさんの空気も一緒に織り込んでいるのだなあ、とマフラーの端っこをふわふわ撫でながら思いました。

藍で染めたふんわりした空色が混じったフェルトのポシェット。
プランターで育てた藍は台風の塩気で枯れてしまい、今年はたくさんは採れなかったのだそうです。そういえば、台風の後にゴーヤーの緑のカーテンも枯れてしまいましたっけ。
通常は発酵させて染める藍、夏だけの爽やかな生染めは、季節のたのしみ。
「来年は田んぼでもっとたくさん育ててみたいの」と、はるうさん。

オクラの繊維と紙の繊維で折られたというさらっとした手触りの布は、「福木(フクギ)」という木の皮で染めてあります。
なんて鮮やかな、きれいな黄色。
そして、繊維って、ほんとうに面白い。
昔の人は、いろんな素材から糸を見つけ出して、できた布を大切に使っていたんだなあ、と思うと尊敬します。
糸を染めて、ていねいに織機にかけて一枚の布にしていく過程は、ちょっとした魔女の仕事みたい。

このうさぎのシッポのようなポンポンはなんぞや。
ピンクッションなのです。
マフラーなどの織物を織ったとき、端っこをカットして出る端材がもったいなくて、これを利用して「もったいないピンクッション」が生まれました。
クッション本体に詰まっているのは化繊の綿なので、針を刺すときにはしっぽみたいなポンポンの部分に刺して下さいね、とのこと。
なんだかちょっとドキドキしますが、こんな針山がかたわらにいると冬の夜長の針仕事がうれしくなりそうです。
小さなものはコートのブローチにしてもかわいらしいな、と思いました。

ジーンズの裂き織りでできたバッグの取っ手が、革に見えたのです。
なんと、焼き物でできていました。
陶芸家の梅原淳子さんとのコラボレーションです。なんて面白い素材感。
部屋に置いてマガジンラックにしてもよいかも。
(榑林加奈子)

>

     



haruu平林はるう織展 草の色【麻】
2010/5/14-25


今回の平林はるうさんの展覧会のテーマは麻。
シャリっとして涼しげ、そしてとても繊細な印象を受けます。左の写真の作品はシルクと麻、カシミヤの織物で、柔らかく光沢が素敵。
のりをつけたままならば、タペストリーとして、またのりを取れば柔らかいストールに。展示されている作品もご購入頂けますが、展示されている作品を見て、サイズと用途をはるうさんと相談し、オーダーする事ができます。

全体的には静かな、素材そのものの色を活かした作品が多いのですが、
優しいブルーの織物や、写真にあるようなグリーンのコースターなども。
グリーンの濃淡が素敵です。
また今回の展示では、色んな用途に使う事を想像しやすいようにと、
作品が天井から吊った長い状態で展示されていて、その様子は静かで美しい。
私の数少ないボキャブラリーではきれいという言葉しか出てこないけど、
どこか空気も透き通っているような、そんな展示になりました。
haruu
haruuharuu
haruu
haruu





haruu平林はるう 織展「草の色」
2008/11/14-25


今年で4回目になるはるうさんの展覧会。
これは初登場の「モッタイナイ・マフラー」。
「織りのいろいろな工程の中で、使い道のない短い糸が沢山でます。どの糸片も、もったいなくて処分することが出来ずに何年か過ぎました。そろそろこの糸たちに次の命をと思い、結んでマフラーを織ってみました。」と、優しいはるうさんらしいメッセージがありました。
コサージュもあります。


haruu
haruu

今年はいつもよりやさしい色が多い気がします。

haruu
haruu糸車。足で踏んでくるくる回転させながら、手は羊毛をほぐしながら、ひっぱります。少し挑戦してみたけど、同時に違うことをやる感じが難しい。
さすがにはるうさんは上手です。リズミカルにペダルを踏む感じが楽しい。機械自体が可愛らしく、モコモコしたものが一本の糸になっていく様子はとても面白い。アナログで暖かい作業です。


平林はるう「草の色」2007/11/1-13

桑の枝や葉で明るく染まった黄色が目立つ、今年のはるうさんの布達。
はるうさんの展覧会があると、「あー冬になるな。」と思う。ぬくぬくと暖かいはるうさんのマフラーを今年は買いたいと思います。
はるうさんの染めと織りのマフラーは、なんでひときわ暖かい感じがするのだろう?と毎年思っていたら、「うれしく織ってるのよ。」とおっしゃる。なるほどね。織っているとうれしくなってくるんだそうです。
うれしく織られた布達は、ほんとに不思議なことながら、実際の厚みよりふんわりと厚く、実際の幅よりたっぷりと豊かに幅広く感じる。だからいいのね。

下の茶色は、羊そのものの色。こんな毛を着て、羊もなかなかお洒落です。その色を生かして紡いだものもシックで素敵。その全くナチュラルな糸と蘇おうで染めたかわいいピンクの糸を合わせて織ったストールも素敵です。


haruu
haruuharuu
haruuharuu
haruu 平林はるう 「草の色」2006/12/15-27

深くなっていく様子が見えるような平林はるうさん。色を度外視してテクスチャーを目指した左の作品が圧巻です。これは「織」と「染め」の両方を続けて来た平林さんの多分ベース。色の前の色。ギャラリーの高さと光と壁面を生かしてくれて、うれしい作品と展示です。

縦糸を通したとき、なんてきれいだろう、織るのが惜しいと思うのよと。色というものは、単独で見たときが一番鮮やかで、横糸を重ねて行くことで落着いてしまうらしいです。
織るのが惜しいと思うのは、ご自分で色を染めるからでしょうね。染めをする人達の会話の傍らにいると、染めた残液さえ、もしくは残液の方がよりうつくしくて捨てられないと耳に聞こえてきます。
きれいで惜しい、と思われ、織られてきれいで手元から無くなってしまうのも惜しまれる色と糸達。ずいぶん冥利に尽きるではないか、と私は横から思います。
やさしい色と手触りが持ち味なのかな。マフラーを買うなら彼女のものを、
と思った昨年の気持ちに間違いのなさを再確認した今年の色達です。
安定感とも言っていいのかも知れません。それは人柄の滲むようなやさしい、明るい
包容力をマフラーに感じるから。首を覆うものだからね。寒さを避けるものだからね。やさしいものでないといけません。

今年は藍が育ちにくかった。そのせいか気持ちのせいか、茜ばかり染めてしまってと。そうね。雨が多かったから。
太さ、長さ、混じり方といろんなバリエーションがあるので一番ぴたりと来る一本の
マフラーを見つけるのも楽しい。

そしてバッグの作り手を得て、用途が増えました。これから遊び心が羽ばたいて行き
そうな予感のする今年の展覧会です。


haruu
haruuharuu
「草のいろ」 2005/10/14-25

平林はるうさんの初めての個展。とは言え、数十年前に作品発表をしていて毎日の暮らしの中で制作も続けて来たキャリアの持ち主です。
派手ではないのだけれど、じんわりと暖かみが伝わってくるような質感と色。
藍の生葉染めの色がお好きだと言うのも、見せてもらって「ほんとだ!」と共感できるような色。新鮮で、でも尖っていない優しいみずみずしい色合いです。「いい色に染まった時、ほんとに幸せ。」とおっしゃる平林さん、そのもののような誠実な作品達。冬の素敵な準備にぜひお越し下さい。(midori)
works
worksworks

works
一番上と左のブルーが藍の生葉で染めたもの。なじみのいい優しい色合いです。下は藍の生葉、すおう、よもぎで染めたもの。自然の色はそれぞれが調和するようです。

works

works