ネットショップ

民泊 at 大磯

ギャラリーデータ



 
kalokalohouse
11/29-12/10
mano*manoとla foret verte 「冬の贈りもの」



手芸家のmano*manoさんの手からは小さな可愛いものがたくさん生まれてきます。
キャンドル作家のla foret verteのmieさんは、隅々まで心の配られた精度の高い美しいろうそくを作っています。
このふたりの作家に別々に知り合った私達は、おふたりの中にある、何か共通のきれいな世界に惹かれて展示をお願いしました。
冬至のお祭り、クリスマスの近い頃、心を温めてくれる素敵なものと出会える2週間になるはず。
冬の贈り物探しにどうぞお越し下さい。

毛糸で編んでから水通しして縮ませ、フェルト化させて作ったmano*manoさんのバッグ。
縮むので大きめに編み上げるのだそうです。
ふんわり溶けるような質感なのに、しっかり編み目も残っているのが素敵。
ぽんぽん、とリズミカルに並んだモチーフもmanoさんらしい。
ナスマサタカさんの樹脂ボタンがアクセントのミトンも、同じ方法で作られています。

リネンのバッグはざっくりした手触りなのに端正な編み目。
バッグインバッグに使ってほしい、とmanoさん。出先でひょいっとバッグから取り出して、おさいふだけぽんと放り込んで出かけるのにも重宝しそうですね。
赤と黒のラインがリネンのナチュラルな地に映えます。

とんがり屋根のちいさなおうちは、ツリーのオーナメントやラッピングにも人気。
お菓子やアクセサリーをプレゼントするときに、こんなおうちから出てきたら歓声があがりそう。
丸いちいさなキャンドルもすっぽりと収まります。

ざくざくかぎ針編みのソックスは、ゆったり大振りにできているので冷えとり靴下の上にはくルームシューズにもぴったり。
編み物ってなんてきれいなんだろう、と笑顔がこぼれる色の取り合わせです。
ひとつひとつ手描きでもみの木が描かれたキューブ形のキャンドルは、ミニツリーの脇にちょこんと置いてもかわいい。

海と空のキャンドル。ぱっと「地球だ!」と思いました。
そういえば、地球は海と空でできているんだっけ。
色とりどりの水玉が散らばったデザインは、花びらや雨粒を集めたレンズのよう。
mieさんのまるいキャンドルは、ひとつひとつが手のひらにおさまる小さな世界に見えます。

シナモンスティックやりんご、ローズペタルや細い小枝が包み込んだキャンドルは、火を灯すと暖炉やたき火を思わるデザイン。
純度の高いみつろうは、カヌレの型に流したお菓子のような可愛らしさです。
手にとって香りをかいでみて。食べちゃいたくなりますよ。
(榑林加奈子)